教育改革プログラム2014

社会へ自立するための「教育力」の明確化と現実に向けて

四国大学が進める教育改革

グローバル化や少子化による人口減少など、予測困難な時代において、大学教育に期待されるのは、新しい時代を切り拓き社会をリードする人材を育てることにあります。
四国大学では、このような社会からの要請に応えるため、新しい時代にふさわしいカリキュラム(教育課程)を平成26年度から実施し、社会で即戦力となる力を養っています。

人材養成像に基づくカリキュラム

学部・学科のめざす人材養成像を明確にして、そこに重点をおいたカリキュラムを厳選し充実します。

ゆとりあるカリキュラムの構築

実り豊かな学生生活を実現するためのゆとりあるカリキュラム、そして本学を志願する高校生や社会からよく理解されるカリキュラム構造とします。

キャリア教育の促進

社会課題に対応できる資質を高め、職業に就くためのキャリア教育を充実します。

「全人的自立」の実現

建学の精神「全人的自立」の実現のため全学共通教育を充実します。

Page Top