国際交流

四国大学では、アメリカ・中国・台湾を中心に諸外国から留学生・研究生・教員を受け入れています。
また、留学生と本学学生との交流授業、外国人講師による公開授業や講演会の開催、留学生の国内インターンシップ、学生・教職員の留学・研修旅行や学生の海外インターンシップなどの交流事業を推進し、学生に真の国際感覚が育まれるようさまざまな取り組みを行っています。

サギノーバレー州立大学学生との交流

saginawvalley2.jpg毎年5月に、姉妹大学のサギノーバレー州立大学から学生が本学を訪れ、藍染や書道などを体験します。また、国際文学科1年のEnglish Workshopへの参加や徳島観光を通して、本学の学生との親交を深めています。

トビタテ!留学JAPAN

「トビタテ!留学JAPAN」は、大学生や高校生の海外留学を官民協働で応援する留学促進キャンペーンです。第1期~第5期の留学生をトータルした派遣留学生比率では、四国大学が全国の私立大学で1位となりました。また、地域人材コースでも徳島県内1位になっており、本学が実施するグローバル教育の代表的成果となっています。第6期以降も高い派遣留学生比率を維持し、世界で活躍できるグローバル人材と地域の発展のために国際人としての能力を発揮できるグローカル人材を養成・輩出しています。

ワールドプラザ(World Plaza)

ワールドプラザ国際文化館の3階にあるワールドプラザは、国際語としての英語の運用能力や国際性を身につける場として全学の学生に開放されています。昼休みには、ネイティブ教員とフリートークを楽しむ「English lunch」をはじめ、楽しい雰囲気の中でより実践的なコミュニケーションを行いながら英語を主体的に学ぶことができる環境を整えています。また、海外衛星放送やDVDの資料、各種検定の参考書や英語・中国語で書かれた本や雑誌が揃えてあり、学生が自由に学習する場を機械を提供しています。

ワールドプラザ

国際交流に関するサポート

support.jpg姉妹大学留学生へのオリエンテーション、海外ボランティア及び個人留学ガイダンス、海外留学希望者と外国人学生のための各種手続きと情報提供など、留学・国際交流に関する様々なサポートを行っています。

海外インターンシップ

四国大学では、言語・文化・習慣等の壁を越えて日本と海外の長所を融合し、グローバル化時代の新たな問題を解決するとともに地域に貢献できるグローカル人材の育成を目的として、「海外インターンシップ事業」を2015年から実施しています。

海外インターンシップ体験談

Page Top