新しいカリキュラム

四国大学スタンダード

3circle.jpg

四国大学では、教育と学生生活を通して学生に確実に身につけてほしいものとして、

  • 社会人基礎力
  • 自己教育力
  • 人間・社会関係力

の3つを掲げ、これらを四国大学スタンダードとして教育内容の開発を行いました。
卒業時には、3つの力および日本語による自己表現力、情報処理技術力を身につけて社会へ出ていくことになります。

  スタンダードで身につける内容 授業科目
社会人基礎力 社会人として自立するために必要な基礎的・基本的な力
  1. 社会人マナー
  2. 基礎学習力
  3. 情報活用力
社会人基礎力入門
自己教育力 自己の向上のため意欲をもって取り組む技術や方法を身につけ、社会において絶えず努力する力
  1. 自己理解・省察力
  2. 目標課題設定力
  3. 向上・探究する力
  • 初年次ゼミ
  • 演習科目
  • 卒業研究
4年間(短大2年間)を通じた成長をみるため、各学年の授業科目が対象となります。また、授業科目とともに課外活動やボランティア活動もポートフォリオ上に記録し評価されます。
人間・社会
関係力
社会において他者と協調するとともに、積極的に社会を支える力
  1. コミュニケーション力
  2. 対人親和力
  3. 社会貢献力
自己と社会・地域論
  日本語による自己表現力 教養国語
  情報処理技術力 情報処理

新しい全学共通教育

学生が自らの未来を形づくり、社会を生き抜く力を身につけるため、大学の教育課程ではどのような能力を育成し、知識、技術、技能を修得させるかを明確にすることが求められています。
四国大学では、このような視点から全学共通の教育を全面的に見直し、次の5つの科目区分に再編しました。

科目区分 授業科目の目的・ねらい
スタンダード関係科目 「全人的自立」を建学の精神に掲げる本学の全ての学生に、学部、学科、専攻の専門の枠を超えて、卒業時に共通して身につけてほしい基本的な資質・能力を「四国大学スタンダード」として掲げています。
初年次・基礎教育科目 入学直後に、レポートの書き方、討論、文献資料の検索、コミュニケーションなど、大学での学習に必要な知識や技術、学生に求められる常識・生活態度などを身につけることを目的としています。また、大学教育へスムーズに移行するために必要な基礎知識を習得する科目も配置しています。
キャリア教育科目 在学中に、望ましい職業観、勤労観および職業に関する知識や技能を身につけるとともに、自己の個性を理解し、主体的に進路を選択する能力・態度を育て、人生を設計する力を育むことを目的としています。
教養科目 高校までの学習で得た知識と、大学で修得する知識とを関連づけ、統合して、現代社会のさまざまな問題に主体的に向き合えるようにすることを目的としています。また、個別学問分野と学問横断的な内容から構成される科目も配置しています。
外国語科目 国際化社会において必要な語学力と知識を養い、異文化間でのコミュニケーション力を養成することを目的としています。英語のほか、特に東アジアを視野に入れた語学科目(中国語・韓国語)を開設しました。

教育課程の概念図

new-curriculum-img03.jpg

Page Top