利用案内(学内用)

利用資格

本学の教職員、学生及び館長の許可を得た者は、所定の手続きによって自由に利用できます。

開館時間・休館日

開館時間 9:00~21:30(9:00~17:20)
※土曜日は試験期のみ9:00~12:00
※( )内は休業期間中の開館時間
休館日 日曜日、国民の祝日、創立記念日(11月4日)、年末年始(12月28日~翌1月4日)

貸出(学生・教職員の方へ)

資料の館外貸出を希望する時は、身分証(「学生証」、「身分証明証」)を添えてカウンターに提出してください。

貸出冊数及び期間

学生教職員院生
図書 10冊以内・2週間 15冊以内・1か月 10冊以内・1か月

なお、学術雑誌はすべて1週間です。
禁帯出ラベルのついている参考図書等は貸出できません。図書館内でご利用ください。

返却

資料の館外貸出を受けた図書・学術雑誌は、返却期限内にカウンターまたは時間外返却ポストに返却してください。

四国大学附属図書館の特色

全面開架式

閲覧室に配置の図書資料はもちろん、書庫内図書資料についても、教員・学生の区別なく自由に入庫して利用できます。

利用指導

新入学生を対象とした図書館オリエンテーションを開催しています。また、在学生には、日本十進分類法・図書目録(オンライン閲覧目録、OPACを含む)の使い方、図書館資料の種類・雑誌論文の探し方、データベースの利用等に関するガイダンスを実施しています。

「図書館月間」行事

毎年11月の1か月間を「図書館利用推進特別月間」として企画展を拡大展示し、地域へも公開するなど図書館行事を催しています。

新聞記事データベースの充実

「凌霄文庫」が所蔵する明治初期新聞がデータベース化されており、「ヨミダス歴史館」と「朝日聞蔵II」を併せると、明治6年から本日までの新聞記事全文がデータベースで利用できます。経済新聞記事は「日経テレコン21」での利用が便利です。

展示コーナー
カウンター

図書館システム

平成3年11月 図書館システムを導入
平成4年2月 本学蔵書目録データベース化開始
平成4年4月 貸出・返却サービスのシステム化、同10月雑誌業務のシステム化
平成5年4月 図書受入業務並びにILL(相互貸借)サービスへ総合的なシステム化
平成8年5月 館内においてOPACサービス並びにCD-ROM検索サービスを開始
平成10年7月 館外からOPAC利用可(学内LAN整備)
平成11年3月 CD-ROMサーバ利用開始
平成11年11月 入館システム稼動
平成12年3月 新雑誌システム稼働
平成13年4月 電子ジャーナル試行開始
平成13年10月 自動貸出返却装置導入
平成13年10月 図書館システム全面更改
平成14年5月 データベース利用開始(MAGAZINEPLUS,朝日新聞DNA)
平成15年5月 データベース利用開始(JOIS,NACSIS-IR/ELS)
平成16年2月 DVD-ROMサーバ利用開始
平成16年4月 データベース利用開始(SciFinder Scholar)
平成16年9月 入退館システム更新
平成18年4月 データベース利用開始(日経テレコン21)
平成18年4月 電子ジャーナル利用開始(ACS,Wiley InterScience)
平成19年4月 EBSCOhostオンラインデータベース利用開始
平成19年8月 図書館システムadCALISリプレース
平成20年1月 電子ジャーナル Oxford University Press Journals利用開始
平成20年4月 EBSCOhost CINAHL Plus with Full Text利用開始
平成20年4月 データベース利用開始(理科年表プレミアム、ヨミダス歴史館)
平成21年4月 電子ジャーナル Science Direct 利用開始
平成21年4月 医中誌 Web 利用開始
平成21年4月 メディカル・オンライン利用開始
平成22年1月 電子ジャーナル SpringerLink利用開始
平成22年4月 系統別看護師・保健師国家試験問題WEB利用開始
平成23年4月 リンク・リゾルバ Serials Solutions 360Link 利用開始

Page Top