看護学研究科

Graduate School of Nursing Science

看護学専攻

やさしくて賢い看護職から、より創造的な高度専門職業人に

看護学研究科では生命や人権を尊重し、看護とは何かの問いに応え得る根拠に基づいた科学的・系統的な看護実践ができ、かつ、スタッフへの指導・助言や多職種から構成されるチーム医療において看護の立場からの発言や対象者の代弁ができる高度専門職業人としての看護実践者育成を目指します。

学生受入方針(アドミッションポリシー)

看護学研究科では、生命や人権を尊重し、看護とは何かの問いに応え得る根拠に基づいた科学的・系統的な看護実践ができ、かつ、スタッフへの指導・助言や多職種から構成されるチーム医療において看護の立場からの発言や対象者の代弁ができる高度専門職業人としての看護実践者育成を目指しています。そのため、次のような学生を求めています。

  1. 生命や人権を尊重し、健康の維持・増進、回復を支援する専門職としての使命感と医療人に求められる豊かな人間性形成を目指す人。
  2. 看護を学問として探究し続ける意思が強固で、生涯にわたり謙虚に学ぶ姿勢がみえる人。
  3. 看護実践家としてのアイデンティティ(自己像)の再確立と、自己の位置づけや役割を創造的に遂行する意欲の高い人。
  4. 専門職業人として地域社会に貢献する意思が明確であり、自己研鑽を図る意欲が高い人。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

看護学研究科では、高度先進医療を担うことのできる質の高い看護実践能力をもち、地域の保健医療活動に貢献するともに、看護実践、看護学教育、看護学研究の開拓ができるよう以下の能力育成を目指してカリキュラムを編成する。

  1. 質の高い看護を提供するため、より専門性の高い知識・技術力を身に付けることができる。
  2. 地域の健康課題の解決を図るため、地域医療やチーム医療の現場でのリーダーシップ力を身に付けることができる。
  3. 医療現場の課題解決に向けた研究の推進とスタッフに研究指導・助言をする力を身に付けることができる。

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

看護学研究科では、看護職に求められる明確な倫理観や看護観と看護課題への科学的探究心をもち、エビデンスに基づいた高度な知識と技術による看護ケアを行うことができ、同時に、一人の人間としての自己客観視や自己評価、自己啓発を行うことのできる能力を修得した者に学位を授与する。

授与される学位

修士(看護学)

nursing-img01.jpg

取得可能な資格

  • 「認定看護管理者認定審査」受験資格
    下記「認定看護管理者認定審査」受験資格についてをご覧ください。

「認定看護管理者認定審査」受験資格について

つぎの1~3の条件をすべて満たすことにより、公益社団法人日本看護協会が主催する「認定看護管理者認定審査」の受験資格を得ることができます。

受験資格
  1. 日本国の看護師免許を有すること
  2. 看護師の免許を取得後、実務経験が通算5年以上であること
  3. 次のいずれかの要件をみたしていること。
    1. 認定看護管理者教育課程サードレベルを修了している者。
    2. 看護系大学院において看護管理を専攻し修士号を取得している者で、修士課程修了後の実務経験が3年以上である者。
    3. 師長以上の職位での管理経験が3年以上ある者で、看護系大学院において看護管理を専攻し修士号を取得している者。
    4. 師長以上の職位での管理経験が3年以上ある者で、大学院において管理に関する学問領域の修士号を取得している者。

各専門分野において高度な専門知識・技術をもって対象者を看護り、QOLの向上を図るため高い倫理観と明確な看護観、理論的根拠に基づいた看護実践とチーム医療においてリーダーシップとスタッフ指導が担える研究能力・問題解決能力を備えた高度実践職業人としての看護職を育成します。

生活支援看護分野

地域看護学

地域で暮らす人々の生活を包括的に捉え、健康の維持・増進、介護予防など健康生活に向けた保健活動などの課題に取り組むことのできる力を養成します。

高齢者看護学

健康問題や障がいを持った高齢者の医療生活支援や介護者への支援、障がいを持ちながらも地域で生活ができる地域包括ケアシステムの構築などの課題に取り組むことのできる力を養成します。

臨床看護実践開発分野

成人看護学

健康上の危機に直面した患者と家族を対象に、疾患を受容しセルフケアを獲得するプロセスにおいて必要とされる看護実践などの課題に取り組むことのできる力を養成します。

小児看護学

小児の発達段階に合わせたニーズに対応し、様々な場面において小児と保護者を支援する看護実践などの課題に取り組むことのできる力を養成します。

看護管理学

看護業務の活性化を高めるための看護マネジメントや効果的な看護実践開発に向けたシステム開発などの課題に取り組むことのできる力を養成します。

カリキュラム

必須科目

看護研究方法論、特別研究

共通科目

看護ヘルスアセスメント、身体機能・病態学、看護研究方法論、地域のヘルスサイエンス、看護理論、看護倫理、看護教育論、看護情報論

専門科目

生活支援看護分野
地域看護学

地域看護学特論、地域看護学演習Ⅰ、地域看護学演習Ⅱ、地域看護学演習Ⅲ

高齢者看護学

高齢者看護学特論、高齢者看護学演習Ⅰ、高齢者看護学演習Ⅱ、高齢者看護学演習Ⅲ

臨床看護実践開発分野
成人看護学

成人看護学特論、成人看護学演習Ⅰ、成人看護学演習Ⅱ、成人看護学演習Ⅲ

小児看護学

小児看護学特論、小児看護学演習Ⅰ、小児看護学演習Ⅱ、小児看護学演習Ⅲ

看護管理学

看護管理学特論、看護管理学演習Ⅰ、看護管理学演習Ⅱ、看護管理学演習Ⅲ

研究科長からのメッセージ

看護学研究科の設置の主旨は、「高度専門職業人育成」にあります。臨床の場でケアを積み重ねた看護職が、看護ヘルスアセスメントや教育論、看護理論、看護倫理、看護研究方法論をより学術的・実際的に学ぶことを通して、患者と家族のQOL向上を目指し、看護をより専門的、研究的、教育的、倫理的に行うことを支援するものです。
院生は豊富な臨床経験をもとに講義や演習に主体的に取り組んでおり、夜のキャンパスの静寂の中、活気溢れる双方向の授業が繰り広げられています。経験豊かな院生の疑問や討論に教員も刺激を受け、専門性の高い授業と教育方法の工夫に努めています。
本研究科は、徳島県や看護協会、地域の皆さま方のご支援のもとに設置することができました。より質の高い看護ケアを多くの人々にお届けできるよう、本研究科で看護職の学びを深めてみませんか。

看護学研究科長  小川 佳代

Page Top