看護学部

Faculty of Nursing

看護職とは保健師・助産師・看護師などの総称です。医療を取り巻く社会の変化、たとえば、少子高齢化の進展や生活習慣病の増加などによって、人々の健康水準の保持・強化が難しくなってきています。
看護に関する確かな知識と技術を身につけ、病気の人や子どもたち、お年寄り、働く人々を大切にできる「やさしくて賢い」看護職の育成を目指します。

アドミッションポリシー

看護学部は、看護に関する専門的な知識と技術に基づいた実践能力とともに、思いやりや豊かな人間性を備えた「やさしくて賢い」看護職の育成をめざしています。
このため、看護学に係る理論と実践について真摯に学修に励み、保健・医療・福祉の分野で活躍したいと考える学生を受け入れます。

求める人材像

  1. 地域の保健・医療・福祉に貢献しようとする強い意志と、喜びや苦しみを他者と分かちあえる優しい心を持っている人。
  2. 日進月歩の医療や激変する社会に対応しうる知識と技術の修得のため、常に努力を惜しまず、生涯にわたって学び続けたいと考えている人。
  3. 心身ともに健全で、サークル活動やボランティア活動などに積極的に参加し、他者と協調できる社会性を備えた人。

建学の精神である「全人的自立」を実現するため、日進月歩の医療や激変する社会に対応しうる知識と技術を修得し、地域の保健・医療・福祉に貢献できる優しい心を持つ人への成長を目指します。

看護学部の学科

Page Top